樹脂と強化繊維による補強工事

タックダイン

樹脂と強化繊維で建物を補強するTACDINE
樹脂と強化繊維という異なる素材を複合的に用いるハイブリッド工法とは
もともと樹脂と強化繊維は大変相性がよく、両者は強力に一体化することができます。
樹脂が本来持っている接着力に、鉄の数倍の引張り強度を持っている強化繊維を併用するとき、2つの異なる素材は互いに連携して一体化し、相乗効果を発揮して、被覆された構造物の体力を格段にアップさせます。
身近な例ではサーフィンボード。この素材は発泡スチロールですが、ガラスクロスと樹脂で被覆することによって、波の強大な衝撃にも耐える強度を持つことができます。
このような優れた工法であるハイブリッド工法は、橋脚や高速道路などの公共工事にも数多く用いられています。

強固なはずのコンクリート、でも100年建造物がないのはナゼ?
コンクリートの劣化は様々な要因によって引き起こされますが、最も主要な要因とされるのがコンクリートの「中性化」による劣化です。
コンクリートは打設直後は強いアルカリ性です。このアルカリの性質により、コンクリート中の鉄筋は腐食から守られています。
ところが、車の排気ガスや酸性雨、さらに潮風による塩害によって、コンクリートは表面から中心部に向かって「中性化」が徐々に進行していきます。
この「中性化」の進行がコンクリート中心の鉄筋にまで到達すると、それまでアルカリによって腐食から守られていた鉄筋が急激に腐食し、腐食による膨張によってコンクリートは内部から崩壊に向かうのです。
コンクリートの「寿命」というのは「中性化」が中心部分にまで及ぶ年数といわれています。それは30年〜40年と考えられています。

様々なシーンでの利用
特徴 
クリックすると拡大

併用でさらに強度を増す 
強化繊維各種 

Mプランニングでは、タックダインを使った基礎補強工事も承っております。
コンクリートのヒビ割れ補強や、劣化補強をいたしますので、ご相談下さい。


タックダインを使った基礎補強工事の実例(写真あり)をこちらでご覧いただくことができます




実際の施工例
【施工前】
j_crack01 j_crack02

■床下の基礎の通気口のクラックです。
■どうしても、通気口の周りはクラックが入りやすいととろです。
■大手のシロアリ業者(A社)から基礎全体を補強材とアラミド繊維を撒いたほうがいいと勧められたそうです。
■全体的に点検した結果、たしかに通気口の周りはクラックが入ってますが、全体的には大きなクラックは入ってなかったので、今回はタックダインの保護剤をプライマー(PS-10(G))を塗布して上塗材(PE-10(GU))を施工することにしました。(工務店・業者によって見解は分かれますが・・・・)
■予算を抑えたいとのご要望がありましたので。
   
タックダインの荷姿
j_dine01
タックダイン

j_dine02
下塗り用(PS-10(G))

j_dine03
上塗り用 PE-10(GU)


タックダイン下塗り
j_crack03

■タックダイン下塗り(PS-10(G))塗布完了
■比較手的、床高(床下の一番下から天井までの高さ)高いので施工がやりやすです。
■タックダイン下塗り(PS-10(G))は比較的、どちらかというと液体に近い(流動性が高い)のでローラー施工が向いてます。
■基礎面に刷り込むように塗布していくのがコツです。
■また、ペンキとは少し違う、施工感覚です。


タックダイン上塗り

j_crack04

■タックダイン、上塗り PE-10(GU)の施工状況です。
■タックダイン、上塗り PE-10(GU)はかなり粘着性が高いので、施工する場合はゴムヘラかローラーの使用が望ましいです。(慣れにもよりますが)
■下塗材(PS-10(G))と同様、刷り込むように丁寧に塗布していきます。


j_crack05

■タックダイン、上塗り PE-10(GU)塗布完了



タックダインを使ったコンクリート補強工事の実例動画


松本洋介からのコメント
既築の基礎補強・基礎のクラック補修に抜群威力発揮!
画期的な方法で低コストで施工できるので施主様、工務店さんに大好評。
アラミド繊維やバサルト繊維などと併用したらかなり効果がでます。
2液性なので混ぜるだけ。

     


ページトップへ戻る
Copyright(C) M Planning co., ltd. All Rights Reserved.