住宅をシロアリから守る天然素材の塗料です

エコパウダーBX

100年住宅の劣化対策・エコパウダーBX

従来品との比較

従来の防蟻剤=揮発・蒸発
・シロアリ殺しのエキスパート。
・木材に固着・浸透して長期保護。
空気中に有害な成分を放出するため広範囲のシロアリを駆除できるのですが、シックハウスの原因のーつとも言われています。
揮発・蒸発と分解によって、最長5年という短期間で効果を失ってしまいます。


エコパウダーBX=固着・浸透
・シロアリ防御のエキスパート。
・空気中を飛び回り、薬効は短期間。
天然素材を原料とした、シックハウス対応の防腐防蟻塗料です。有効成分ホウ酸塩鉱物が固着・浸透して、大事な家を腐朽とシロアリから守ります。
水系なので、有機溶剤特有の嫌な匂いもありません。空気を汚すことがなく分解もされないので、屋内用途では半永久的に保護効果が持続します。

従来品の抱える問題、 エコパウダーBXを使うと...

特許製品

劣化対策=地震対策&資産価値の維持

木造住宅の劣化原因は1位が腐朽、2位がシロアリ。
これらの被害は資産価値の低下だけでなく、耐震強度にも大きな影響を与えます。阪神大震災の例を見ますと、神戸市東灘区では、「白蟻被害・腐食がある家屋の全壊率」は93%という大阪市立大の調査結果が出ています。
新築時点で十分な強度を持っている住宅でも、劣化対策を怠っていては、その強度を維持することはできません。

100年住宅の時代の劣化対策

ヒバ・ヒノキなど劣化に強いといわれる木材も、シロアリにとっては栄養源。「自然の木の力」を過信すると「自然のシロアリの力」に泣かされることになります。一般的におこわなわれている対策は、農薬系薬剤は、成分が揮発して空気中に飛び、分解によって5年で効果がなくなってしまいます。100年住宅時代には、持続性の高い防腐防蟻剤が必要です。

エコパウダーBXの特徴

エコパウダーBXは固着・浸透して木材を保護する防腐防蟻塗料です。有効成分ホウ酸塩鉱物は揮発しないので空気を汚さず、無機物なので分解されることがありません。地面に直接触れず(非接地)雨に晒されない(非曝露)環境では、半永久的に効果が持続します。非タール・非農薬の水性塗料ですので嫌な臭いもせず、特別な資格が無くても扱うことができます。

■各種試験で防腐防蟻性能と安全性が確認されています。
・防蟻性能 野外試験 室内試験:京都大学
・防腐性能試験:東京農工大
・急性経口毒性試験:株式会社住化分析センター
・皮膚刺激性試験:株式会社住化分析センター
・ホルムアルデヒド放散量:デシケーター法、F☆☆☆☆担当

使用方法

エコパウダーBX原液(水っで粘度調整可)をハケやローラーで塗布します。塗膜から木材内部に有効成分ホウ酸塩鉱物が浸透、シロアリ・腐朽から守ります。下の図は最低限必要な施工箇所です。シロアリの活発な地域では、より高くまで施工されることをおすすめします。

使用方法

商品概要・施工例

エコパウダーBX(16kg)
施工例




松本洋介からのコメント
従来のシロアリ消毒は
(1)臭いがする。
(2)効果の期間がおおまかに5年間。
(3)健康に多少は影響がある。
と課題がありましたが、エコパウダーBXはホウ酸塩鉱物が木材に浸透して効能は半永久的です。
水系なので、有機溶剤系のつんとした臭いがないです。
資格もいらず、ローラーや刷毛で工事できるので比較的簡単、日曜大工の延長線上できます。
シックハウスの原因になる物質も出しませんので、安全で周辺の環境にもやさしい。



     


ページトップへ戻る
Copyright(C) M Planning co., ltd. All Rights Reserved.